2018年12月28日

要介護のリスクが高くなるロコモティブシンドローム



要介護のリスクが高くなるロコモティブシンドローム

要介護のリスクが高くなる原因として運動器の疾患の略称ロコモと呼ばれるロコモティブシンドロームは、加齢とともに立つことや歩くことと言った運動機能に密接な筋肉、骨、関節、軟骨、椎間板に障害が起こることされています。

若い頃から運動機能が次第に低下して高齢になるころに運動器疾患がかなり進んで要介護のリスクが高まらないように、若い頃から予防することが極めて大切なようで、将来的なリスク対策に日常生活の中で運動習慣を取り入れることが望まれるようです。

今どのような状態なのか、ロコモの進行度を測ることができるロコモ度テストというのがあるのだそうで、
下肢筋力を測る立ち上がりテスト、下肢の筋力やバランス能力や柔軟性などを総合的に含めた歩行能力を測定する方法もあるようです。

働き盛りの若い頃から運動習慣を取り入れて、適切な栄養素を摂取するようにして筋肉量を増やし、骨を強くすることは将来に向けて大切なようです。



Posted by hjkgvfr at 09:55